テッククランチの最新記事配信ボット作ってみた

こんにちは!
hachidoriの坂口です。
2016年にhachidoriに参画し、サーバーサイドエンジニアとして働いています。

自社サービスを持つ、スタートアップ企業で、エンジニアとして働く楽しさの一つに、世のために、自分に何ができるか、を自分で考え、それをすぐにサービスに反映させることができる点が挙げられると思います。

当社は、チャットボットをウェブブラウザ上で簡単に作成できるサービスを開発しており、自分自身も、役に立つと思って作っているのですが、世間には、まだ、「どうやって使ったらいいか分からない」という声が多く存在しています。
チャットボット活用事例は、そういった方にとって、参考情報になると思うので、開発者の僕が実際に作成して、利用しているチャットボットを紹介していく、連載コラム的なのを作っていこうと思います。
今回はその第一弾です。

活用事例① テックニュース配信チャットボット
・毎日朝9時にTechCrunchの最新のRSSを取得して、チャットボット経由で配信します。
・記事イメージとタイトルがカルーセル形式で10件だけ送られてくるため、詳細を見たい記事を選ぶハードルがとても低くなります。
→大量の選択肢が一度に入ってきてしまうと、「ああ、もう読みたくない」となってしまいますよね。カルーセルはその辺の心理をうまく利用できるUIだと評価しております。

hachidori上での作り方
1.まずは、連携設定から、API連携の設定を作り込んでいきます。


RSSフィードのURLを入力して、APIモードをRSSにしています。
ここで、テストURLにもRSSフィードを入力しておくと、RSSの構造を解析してくれるので、後々、チャットボット上で、タグを指定する際に便利になります。

2.平日朝9時に全員にPUSH配信するキャンペーンを作成する(※キャンペーン機能は、hachidoriの有料プランでないと使えません。)

送信対象の条件を指定しないことで、PUSH配信対象が、全員のグループを作成しています。
また、配信日時は平日9時に設定しています。

3.最後に、シナリオの設定画面になります。まずは、BOTアイテムから、APIリクエストを選択して、テッククランチを選びます。

次に、右側のメニューから、APIのレスポンスを選び、カルーセルに乗せるべきアイテムを設定していきます。

動作イメージ

こんな感じで、テッククランチの最新記事が、毎日朝9時に、手元に配信されます!
今回は、キャンペーンの送信対象を全員としましたが、作り込みによっては、朝配信して欲しい人には、9時、夜配信して欲しい人には、18時、みたいな設定ができるようになります。

以上、活用事例第一弾でした!